働き盛りの、薬剤師ブログ



<郵政改革>鳩山首相「なお議論必要」、修正の可能性を示唆(毎日新聞)

 亀井静香金融・郵政担当相が24日、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額とかんぽ生命の保険金限度額を大幅に引き上げることなどを柱とした郵政改革案を発表したことに対し、鳩山由紀夫首相は同日、「(限度額引き上げは)閣議で決めた話ではない。有力な案になることは間違いないが、これから閣内でも議論をする必要があるのではないか」と述べ、改革案の内容を修正する可能性に言及した。

 限度額引き上げについては、仙谷由人国家戦略担当相も同日、「議論抜きで既成事実化されるのはよくない」と指摘し、閣内で議論すべきだと発言。亀井郵政担当相は、改革案は鳩山首相の理解も得たとしているが、発表後に案の根幹にかかわる点で閣内から異論が出される異例の事態となった。

 郵政民営化反対が結党の原点で亀井郵政担当相が代表を務める国民新党と、民主党の間では、郵政改革の方向性についての温度差が以前から指摘されていた。亀井氏主導で郵政改革が進められていくことへの民主党側の反発が表面化したとの見方もある。

 亀井郵政担当相が発表した改革案では、ゆうちょ銀行への預け入れ限度額は現行の1000万円から2000万円、かんぽ生命の保険金限度額は現行の1300万円から2500万円に引き上げるとされた。貯金、保険事業に新たに全国一律サービスを義務付けることで発生するコスト増加分を、金融事業の収益を増やしてまかなうのが狙い。

 しかし、金融2社への間接的な政府出資を残しながら事業を拡大する改革案に対しては、金融業界などから「官業による民業圧迫だ」との批判が強く、見直しを求める声が強い。

【関連ニュース】
郵政改革:郵貯上限2000万円に…概要を正式発表
メルパルク事業:「ゆうちょ財団」に利益など90億円蓄積
郵政改革:亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承
亀井郵政相:郵政見直し論議の密室批判に激高 参院予算委
枝野担当相:フリー記者に会見開放へ

<学力テスト>談合疑惑の内田洋行が一部業務落札(毎日新聞)
<消えた年金>第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中(毎日新聞)
<首都高>事実上値上げ 年内にも距離別料金−−政府検討(毎日新聞)
国宝・姫路城「見納めの春」スタート 大修理控え1時間早く開城(産経新聞)
記念電車ヘッドマークデザイン募集 島根・古代出雲歴史博物館(産経新聞)
[PR]
by ecn2dmungg | 2010-03-27 07:05
<< <児童ポルノ対策>ブロッキング... 野焼き ボランティアの男性3人... >>


薬剤師です、最近ヒマが多くなっています。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧