働き盛りの、薬剤師ブログ



米有識者56%「中国が重要」=「日本」は36%、四半世紀ぶりに逆転―外務省調査(時事通信)

 外務省は1日、米国で実施した対日世論調査の結果を発表した。政財官界などの有識者に「アジアにおける最も重要なパートナー」を聞いたところ、中国との回答が前年比14ポイント増の56%でトップ。2番目が日本の36%で、前年より8ポイント減少した。この調査で、中国が日本を上回るのは1985年以来。外務省は「強まる米中の経済的な関係を反映した結果」と受け止めている。
 調査は、2月から3月にかけ、外務省が米ギャラップ社に委託し、18歳以上の一般国民1201人、各界202人の有識者を対象に電話で行われた。調査は60年以来、ほぼ毎年実施している。 

小田急電鉄に慰謝料要求 アルバイトの男を恐喝未遂で逮捕(産経新聞)
社民が候補擁立模索、民主に動揺…北海道選挙区(読売新聞)
電子書籍を利用しない理由(Business Media 誠)
雑記帳 成田で日本初「エアポートウエディング」(毎日新聞)
暴力団幹部、大相撲夏場所も維持員席で観戦(読売新聞)
[PR]
by ecn2dmungg | 2010-06-07 14:45
<< 皇居の「自然観察会」申し込み要... マージャン参加させ恐喝=中学生... >>


薬剤師です、最近ヒマが多くなっています。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧