働き盛りの、薬剤師ブログ



<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


マージャン参加させ恐喝=中学生5人から40万か―容疑で16歳少年逮捕・警視庁(時事通信)

 自分だけが有利なルールの賭けマージャンに参加させ、中学生から金を脅し取ったとして、警視庁少年事件課と志村署は27日までに、恐喝容疑で、東京都板橋区の無職少年(16)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認め、「マージャンの金として受け取れば、恐喝にならないと思った」と話しているという。
 少年は昨年6月ごろから、知人の男子中学生7人に暴行したり、ナイフを見せたりして、マージャンに参加するよう強要。同課は、このうち5人から40万円以上を脅し取ったとみて調べている。
 逮捕容疑は2月21日、14歳だった同区の中学3年の男子生徒に電話をかけ、マージャンの負け金の名目で、「同級生が金を払えないから、おまえが払え」と脅し、生徒の友人を通じて現金1万円を奪った疑い。 

<PCI特別背任>元社長の無罪確定 検察側上告せず(毎日新聞)
米国務長官「北の挑発行為には報いがある」(産経新聞)
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求(産経新聞)
首相動静(5月19日)(時事通信)
「岡本ホテル」事務所など家宅捜索を開始 出資法違反の疑い(産経新聞)
[PR]
by ecn2dmungg | 2010-05-28 15:01

新たな高齢者医療制度でヒアリング−厚労省(医療介護CBニュース)

 後期高齢者医療制度に代わる新たな医療制度の在り方を議論する厚生労働省の「高齢者医療制度改革会議」(座長=岩村正彦・東大大学院法学政治学研究科教授)は5月17日、山崎泰彦・神奈川県立保健福祉大保健福祉学部教授ら5人からヒアリングを行った。

 山崎氏はヒアリングで、高齢者医療制度改革私案の概要などを説明。私案では、高齢者を「前期」(65歳以上75歳未満)と「後期」(75歳以上)に区分する現行制度を見直し、「65歳以上」を対象としている。また、年齢構成や所得水準に着目したリスク構造調整の仕組みも提言した。
 国民健康保険の広域化について山崎氏は、「軸足を市町村に置いた上で広域化の努力を一層してほしい」と述べた。また、合意が得られたところから順次、保険者の都道府県単位化を可能にするとの提案をする一方、その場合には「地域の努力が反映されるよう、分権的な運営を行うことが望ましい」と強調した。

 岩村座長は5人の有識者の意見を受け、▽自治体や健康保険組合などに対して、保健活動などに取り組むようなインセンティブを持たせるべき▽所得面、リスク面での調整が必要▽調整し切れない部分については、最終的には国費で調整することが必要―などの点が大筋で一致しているなどと指摘した。

 6月23日に開く次回会合では、ヒアリングでの意見も踏まえながら総括的な議論を行う。7月には「中間取りまとめ」のたたき台を示し、8月以降に中間取りまとめを行う。

■8月に地方公聴会
 厚労省は17日、同会議による中間取りまとめに先立ち、8月2日から10日にかけて全国4か所で地方公聴会を開く方針を明らかにした。

 地方公聴会は、2日の「アクロス福岡」(福岡市、定員900人)を皮切りに、▽4日、「楽楽楽ホール」(仙台市、600人)▽7日、「厚労省講堂」(東京都千代田区、100人)▽10日、「中央公会堂」(大阪市、1100人)-で開催する。

 同省によると、高齢者など国民の意見を聞きながら新制度を検討するのが目的。7日に厚労省内で開く公聴会は、グループごとに主な論点について討議する「グループ討議方式」で行われる。

 また、年末の最終取りまとめに向けた地方公聴会も開催。10月1日に「ウィルホール」(名古屋市、800人)、2日に「中国新聞ホール」(広島市、600人)、5日に「新宿文化センター」(東京都新宿区、1800人)で開く。


【関連記事】
財政試算示すも「持続性」に不安の声−高齢者医療制度改革会議
高齢者医療制度への公費負担拡充などを要望−健保連など4団体
国民への意識調査、第1弾を5月に実施−高齢者医療制度改革で厚労省
協会けんぽ「早期成立を」、健保連「負担増耐えられぬ」−衆院厚労委
市町村国保の保険料収納率が過去最低に―厚労省

10億円着服容疑で逮捕=近鉄子会社の元社員−大阪地検(時事通信)
<南アW杯>記念切手を発行 31日から発売…郵便事業会社(毎日新聞)
博多の商店密集地で火災、炎と黒煙激しく(読売新聞)
五木寛之「親鸞」上巻をネット無料公開 (産経新聞)
<普天間移設>鳩山首相、審議官級協議者から報告(毎日新聞)
[PR]
by ecn2dmungg | 2010-05-20 00:40

介護マンション契約金詐取 失意の被害者「よいこと尽くしだと思ったのに」(産経新聞)

 「死ぬまで介護してくれ、葬儀や墓の世話もしてくれる。よいこと尽くしだと思ったのだが…」。神奈川県内に住む被害者の男性(69)は、「サン・オリーブ」への入居契約を決めたときのことを思い返し、こうつぶやいた。

 理想の住居を示され、巧みな手口で勧誘された。

 「2、3階はふさがっているが、1階の角部屋なら空いている」「急がなければ埋まってしまう」

 せかされた男性は735万円を支払った。しかし、希望はかなわず、なけなしの老後資金を失っただけだった。

 同県平塚市の女性(90)は平成20年2月に契約。「(20年)4月末には入居できる」との言葉を信じ、750万円を支払った。この際、「介護サービスを受けながら暮らせる」「庭には植物を植えられる」「一般的な老人ホームにある荷物の持ち込み制限はない」など“自由な暮らし”を説明された。

 自立した生活を送りたいが、いざというときに気にかけてもらいたい。多くの高齢者が望む、こうした希望が提示され、裏切られた。

 県には被害者からの相談が相次いでいる。「親族が契約し、(入居のため)グループホームを退去したが、行き場を失ったショックで入院してしまった」という深刻な訴えのほか、「安心して過ごせる施設に入居したかった」と将来への不安を切々と話す人もいる。

 高齢者ゆえの回復できない被害も広がっている。契約を結んだ5人の損害賠償請求などを担当した弁護士によると、このうち2人がすでに死亡。1人は認知症が進んでいるという。

【関連記事】
介護マンション契約金詐取の疑いで会社社長逮捕
介護マンション詐欺 巧みな手口で勧誘
保険金詐欺容疑で3人逮捕 広島県警
「劇場型」の投資勧誘にご用心
現金より金塊を狙う“平成のルパン” 流行に敏感な振り込め詐欺犯たち
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

普天間移設 政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)
ネットに「皇族殺す」=容疑で26歳男逮捕−警視庁(時事通信)
「全米さくらの女王」が大統領の親書とともに鳩山首相を表敬(産経新聞)
五輪メダル計10個!池谷&長塚&谷…民主チーム五輪で参院選(スポーツ報知)
乳児虐待、父親に有罪 大阪地裁堺支部判決「卑劣な犯行だが反省」(産経新聞)
[PR]
by ecn2dmungg | 2010-05-12 16:36


薬剤師です、最近ヒマが多くなっています。
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧